「ペットの健康診断の日」PRイベントを実施しました

ペットの健康寿命を考える プレスセミナー

9月5日、ベルサール東京日本橋にて第2回メディア向けセミナーが開催されました。
まずは太田代表より、高齢のペットが増えてる現状を示し、参加者に健康診断キャンペーンについてPRしました。

講演「伴侶動物の健康診断」

続いて、Team HOPE学術アドバイザー石田卓夫先生より、健康で美しい状態ーウェルネスという概念が、伴侶動物の長く美しい一生のために必要であるとの観点から、動物病院での健康診断の重要性や健診の項目と目的などについて、詳しく説明いただきました。

トークセッション

ゲストに元シンクロナイズドスイミング日本代表・青木愛さんを迎えてのトークセッション。

青木さんは、以前飼っていたペットの辛い闘病を経験してから、愛犬の健康にはとても気をつかわれているそうです。
獣医師の立場として、Team HOPE副代表川瀬先生が「手遅れになってから来院するケースが多いので、もっと早く見つけられたらよかったと思う事が多い。ぜひ定期的に健康診断を受けてほしい」とお話しがありました。

後半は、11歳のチワワ チョコちゃんが登場。壇上で、Team HOPEの副代表上條先生がボディチェックの実演を行いました。
診断でどのような点を注意してみているか、さらに触診以外にどのような診察を行うかなどを説明しました。

青木さんからは「ペットは家族。人間と同じで健康が一番大切。普段からペットとスキンシップを図り、これからも健康診断も定期的に受け、健康管理に気を付けたい」とコメントをいただきました。